Amazonに関する情報

必着日とは?Amazonヤマトのマケプレ配送サービスで自己発送したときの失敗談

必着日とは?その意味を知っていますか?

実際に私が経験した内容を、ブログ読者さまにシェアします。

Amazonでヤマトさんのマーケットプレイスサービスを使って、
自己発送を利用する方は、読んでおいて損しませんので!

まずは、下記のAmazon「注文画面」をご覧下さい。

 

 

そして、その発送のためにプリントアウトした送り状の画像です。

 

ちょっとだけ話は脱線しますが、

「あれなんで、こんなふうにお届け予定日が5月25日から5月27日とか、幅があるの?

と思ったら、

「Amazon 自己発送 到着予定日」

と検索すれば、恐らく知りたい内容を書いている記事があるはず。

私も、ついさっき、上記のキーワードで検索してみると。。。

最上位が、自分の記事だったという驚き!

結構、検索数が多いキーワードなので、
まさか自分のブログ記事が1位だとは思わなかったし、

そもそも、書いたこと忘れていました(笑)
ブログやってて良かったーと、しみじみ思いましたよ。

ということで、その私の記事を読んでからのほうが、
これからの話が分かりやすいかと。

かなり詳しく書いているので、是非ご一読を。

Amazon自己発送・出荷までの日数【設定方法を解説します】

 

※ブログやっている人は、

「そうか、これくらいのクオリティで、こんなキーワードなら、
 この検索ボリュームで、最上位になるのか」

という参考にもなりますので。

 


 

では、話を進めます。

件名に書いた「購入者様からのクレーム」となった、
その注文画面をご覧下さい。

※注:冒頭の注文画面と送り状の画像は、Amazonのシステムを説明するために、
   掲載した「例」ですので、ここから書く「失敗談」とは無関係です。

 

 

 

で、当選ながら私は、
Amazonの規約通り「8日」に出荷したのですが。。。

なぜか送り状は、こんな「必着日」表示に!!!

 

「5月15日 必着」

で、私は、
これを見逃してしまっていたのですよね。。。

毎日のように、10~20個の発送あるので、
そこまでチェックできてなかったのです。

すると5月11日の夜に、お客様からのメッセージが届きました。

2023/05/11 19:36
「お届け予定日になっても配達されない
きちんと書いている日にちには届けて欲しい」

え!8日に出したのに、そんなバナナ!!
さっそくヤマトさんの追跡しました。

そのときの追跡結果の表示です。

 

「なんだ、何度も配達しているじゃないか」

と、思ってしまったのですよね。。。

で、下記のような返信を購入者様にしました。

ー返信文ここからー

 〇〇 様

お世話になります。
ショップ代表者の、れでぃお(実際は本名)と申します。

この度は、ご注文の商品が予定日になっても届かないことで、
大変にご迷惑をおかけしております。

すぐに運送会社のヤマトさんに確認いたしましたところ、
下記の履歴を返信いただきました。

荷物受付:05月08日 12:01 〇〇営業所
発送済み:05月08日 12:01 愛媛主管支店 営業担当
05月08日 15:20:香川ベース
初回配達日:05月09日 08:20 
2回目配達日:05月10日 08:27 
3回目配達日:05月11日 09:07 〇〇営業所

上記の通り、弊ショップの依頼日である、5月9日には、
配達に伺ったとの記録ではございますが、

何らかの手違いで、〇〇さまにご連絡がなかったものと存じます。

誠に申しわけありません。

お手数ではございますが、ヤマト運輸 営業所さんに、
下記の問い合わせ番号にて、再配達を依頼いただければと存じます。

連絡先名称 お客様サービスセンター
TEL 0570-200-000
電話受付時間 8:00 ~ 21:00
何か不明な点がございましたら、何なりとご連絡くださいませ。
代表者:れでぃお

ー返信文ここまでー

 

何かの手違いで、不在票が届かない、または住所がおかしい、
とかの原因だと思ったのですが、

嫌な予感がしたのでヤマトに電話したところ。。。

送り状に「5月15日 必着」と印字されていたので、
1回も配達せずに、あえて保管していたとのこと。

すぐに!購入者様へ再度のメールを大至急送りました。

 

ー再メールここからー

〇〇  様

度々のメールにて失礼いたします。
ショップ代表の れでぃおでございます。

先ほど、ヤマトさんに電話で再度の確認しましたところ、

送り状に、本来は「5月9日希望」と印字される部分が、
「5月15日必着」となっており、そのために保管していたと回答いただきました。

この送り状は、私どもショップがAmazonのシステムで自動印字して、
ヤマトさんに全てお任せしておりました。誠に申し訳ありません。

今後、このようなことがなきように、
到着日指定欄の確認ができるよう、ヤマトさんに協力して頂きます。

担当営業所さんには、明日の午前中、最短での配達を依頼しましたので、
どうか、お受け取りお願い申し上げます。

大変にご不快な思いをさせてしまったことは、お詫びのしようもございません。
せめてもの気持ちとして、全額のご返金をさせていただきます。

重ねて、この度は本当に申し訳ありませんでした。

ショップ代表者:れでぃお

ー再メールここまでー

 

その後、購入者様からの返信はないけど、
(よほど、お怒りだったのでしょうね、当たり前ですが)

無事に、5月12日の朝9時に、配達完了となりました。

担当営業所の方に、

「必着って書いていたら、その日までは配達しないものなのですか?」

と聞いてみると、

「そうなんです!」ときっぱり回答されました。

ヤマトさんの公式サイトを調べても、
そのあたりのルールが明記されていないので、

公式フォームより、お問い合わせしてみました。
そのときのツイートです。

 

10分くらいで品質管理責任者なる方から、電話かかってきました。

早 !

恐らく文章に残ると、ちょっとアレだったのでしょうね。

・基本的に「必着」とは、私の言うとおり「それまでの配達希望」となる

・ただし、今回のAmazon提携の送り状だと「指定日」までは配達しない

そういうルールで統一している、とのことです。

ちなみに、

「宅急便 送り状 必着日とは?」というキーワードで検索すると、

この記事が最上位だったので、参考までにシェアしておきます。

着日指定と必着に関して

 

記事内より抜粋して引用すると、

必着

必着とは、ご指定日“までに”到着すれば良いという意味です。
指定日当日に到着するという意味ではございません。「〜日までに届いて欲しい」という場合にご案内している指定です。

着日指定

着日指定とは、指定日“に”配達してほしいという意味です。
イベント会場や納品先が「この日にしか受け取りができない…!」という場合にご案内している指定です。

 

普通は、この記事のような理解ですよね?

私だけ?

まあ、でも、1つAmazonの運用で賢くなったので、
貴重な経験でした。

低評価も今のところ、いただいてませんので。

一歩間違えれば、深刻な苦情になりかねなかったし、
クイックレスポンスして、本当によかったです。

 

以上、

必着日とは?Amazonヤマトのマケプレ配送サービスで自己発送したときの失敗談

という記事でした。

 

皆さまの参考になれば幸いです。

Amazon自己発送でヤマトのマケプレ配送ラベル印字ができない!って時の解決方法前のページ

『バカと無知』を読んで考えたこと~SNSで陥る最も危険な現象次のページSNS

ピックアップ記事

  1. ルノアールの貸会議室はコスパ最高!

関連記事

  1. Amazonに関する情報

    【Amazonの購入者評価を増やしたい方】必聴のインタビュー音声を配信します

    Amazon販売で、短期間で多くの「購入者評価」を頂くことに成功した方…

  2. Amazonに関する情報

    Amazonの新規アカウントは評価を増やすことを最優先にしよう!という話

    れでぃおです。3月も終わります(2021年の話です。。。)※2…

  3. Amazonに関する情報

    Amazonカテゴリー申請が、ワンクリックで解除できた大晦日

    Amazonカテゴリー申請が、ワンクリックで解除できた大晦日&nb…

  4. Amazonに関する情報

    モノレートが使えない!そんな時代にせどりは可能か?

    ※2022年7月21日Keepaの値上げに伴い、記事更新しました…

  5. Amazonに関する情報

    Amazon自己発送でヤマトのマケプレ配送ラベル印字ができない!って時の解決方法

    記事タイトルの答えを求めて、この記事を訪問して頂いた方の為に、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメコンテンツ

オススメの記事

最近の記事

  1. SNS
  2. WEBライティングの教科書
  1. Amazonに関する情報

    Amazonマケプレお急ぎ便の設定解除を最初にしておこう!
  2. 役立つ情報

    速読って本当にできるの?実際のところを説明します
  3. 役立つ情報

    「令和」に元号決定した日に「平成」の人生を振り返る
  4. 出張コンサル

    大学生がアルバイトより、せどり始めたら凄いって話
  5. れでぃおの考え

    52歳になった僕から「まだ若いあなたへ」3つの大切な話
PAGE TOP