日本全国せどりツアー!あなたの街で一緒に仕入れを!

おかげさまで出張せどりツアーは500回突破。コミュニティも運営5年目です!

Amazon購入者様からのキャンセル依頼への対応方法

   

購入者の立場でキャンセルしたい人にも解説します!

 

日本全国で外出自粛要請ということで、

日本全国出張せどりツアーも絶賛自粛中の、

れでぃおです。

 

そのため事務所に常駐できるので、
最近はもっぱらAmazonも自己発送が多くなり、

それに伴いAmazon販売歴5年目にして初めて、
購入者様からの「キャンセル」依頼メールが届きました。

 

今までは、FBAなのでAmazon様が勝手に対応して頂き、

勝手に返金して、解決してくれていましたからね。

有り難い限りです。

 

そんなAmazon様の有り難みを感じつつ、
今回は自分で対応です。

 

 

それでは、

Amazon購入者様からのキャンセル依頼への対応方法を

2020年5月3日に発生した事例で、解説していきます。

 

 


 

 

まず、こんなメールが届きました。

2020年5月3日 16:50 です。

 

 

Amazon販売5年もやってて、
初体験でしたのでドキドキしました。。。

 

とりあえず、すぐに返信しましたよ。
購入者さまからのメールには、即レスが基本なので。

 

なぜ即レスが大切か?

 

その話は、こちらの記事で説明してますので、ご一読を。

Amazon購入者様からのメッセージへの対応方法

上記の購入者様からの連絡は、メールアドレスに届いたもので、

セラーセントラルで確認できる表示はコチラ。

 

 

上記の通り、1時間ちょいで返信しました。

私自身、処理方法がよく分かってなかったので、
正直に「手順を確認しますので、少々、お待ち下さい!」

という感じの返信です。

 

 

そして落ち着いてゆっくりと、しかし迅速に、

セラーセントラル画面の右上にある、

「ヘルプ」欄で調べたいワードを検索です。

 

 

 

右上の「ヘルプ」押すと下記の画面になりますので、

今回は検索欄に「購入者からのキャンセル」と入力です。

 

 

すると、色々と無関係なトピックも表示されますが、

最も関係ありそうな内容をクリックしてみましょう。

すると。。。

 

 

 

今回のケースとは関係ないけど、

購入者側の立場として、

 

「注文後5分以内であれば、購入者が自分でキャンセルできます」

 

っていう情報は知らなかったです。。。勉強になります。

 

なお、この5分ルールは、

「5分以内のキャンセルは、出品者出荷の注文のみに適用されます」

と書いてあるので、FBA販売の商品はキャンセルできないのでしょう。

今度、注文時に試してみます(忘れそうだけど)

 

 

時と話を戻そう。

 

まあ、一応は出荷前だからキャンセルは可能なのは、

最初から、分かっていたことなのですよね。。。

 

私が知りたかったことは、

 

むやみにキャンセル処理して手順が間違ってたら、
キャンセル率にカウントされて、

アカウントに悪影響が出るかもだよね?

そのへん、どうなの?

 

 

ということでしたので、さらにヘルプに質問です。

今度は「出品者都合キャンセル」と検索。

 

 

 

 

ふむふむ。。。

 

「購入者がAmazonで直接キャンセルした保留中の注文や商品は対象とはなりません」

って書いてますね。大丈夫そうです。

 

では、セラーセントラルの画面を見ながら、

実際にキャンセル処理を進めていきましょう。

 

 

注文番号をクリックしたら下記の画面になるので、

「注文キャンセル」ボタンをクリックだ!

 

 

すると、こんな画面になりますので、

 

間違えないように、

「購入者都合のキャンセル」を選択して、

「注文キャンセル」ボタンをポチっと押します。

 

すると。。。

 

 

はい、無事にキャンセル完了です。

 

さすがAmazon様。

このあとは、もう何もしなくてイイヨ!

と、わざわざ書いています。

 

なんて親切な。。。

 

 

でもちょっと待てよ。

ほんとにキャンセル率に反映されてないだろうな?

 

疑い深い、れでぃおは確認しないと気が済みません。

 

 

確認の方法は、セラーセントラル内の、

「パフォーマンス」「アカウント健全性」

 

 

 

そして次の画面で、

「出荷パフォーマンス」の欄を見ると。。。

 

 

 

うむ、確かに「出荷前キャンセル率」は0%

 

 

 

で、ふと疑問に思ったのが、

 

これって購入者から、

「キャンセル依頼メール」が届かないと、

 

注文キャンセル画面で、

「購入者都合のキャンセル」っていう選択肢は出ないの?

 

ということ。

 

 

 

さっそく友人に協力して頂き、

検証用に出品した商品を購入してもらい、

 

キャンセル依頼がないまま、

それをキャンセル処理しようとした際の、

 

注文キャンセル画面には。。。

 

 

 

あるね!

「購入者都合のキャンセル」っていう選択肢。

 

これ、実に良くない仕様だと思う。

 

購入者からのキャンセル依頼メールが届かない限り、

上記の「購入者都合のキャンセル」というのは、

表示されないようにすればいいのに。

 

 

なぜかというと、

・購入者から電話でのキャンセル依頼

・その他の問い合わせなどのついでにキャンセルも依頼された

 

これらは全てキャンセル時に、
購入者都合のキャンセルを選択した場合でも、

Amazonのシステム上は、
出品者都合によるキャンセルとして集計されます!!

 

なので、

購入者都合によるキャンセルを選択する場合は、
できる限り購入者様のアカウントから、

「注文履歴 > キャンセル依頼を選択」より、
キャンセル依頼を申請いただくように案内が必須です!

 

 


 

 

 

最後に、購入者の立場として、

キャンセルが有効な条件は、どうなんだろう?

 

という疑問が湧いたので、

実際に私のAmazon購入画面を見てみましょう。

 

 

 

はい、上の画像の、

左側の発送状況の記述と、右側のアクションボタンを比較すれば、

一目瞭然ですよね。

 

 

前述したとおりに、

「注文後5分以内であれば、購入者が自分でキャンセルできます」

 

ただし、

「5分以内のキャンセルは、出品者出荷の注文のみに適用されます」

と書いてあるので、FBA販売の商品はキャンセルできないのでしょう。

 

「FBA販売」っていう表現だと、販売者の人にしか伝わらないか。

「プライム」マークがあるほうですよん。

 

 

 

以上、

Amazon購入者様からのキャンセル依頼への対応方法

 

という記事でした。

購入者の立場でキャンセルしたい人にも、
ご参考になれば幸いです。

 

 

なお、グッドタイミングなもんで、

この記事を書いた前日の5月6日に、

Amazonセラーフォーラムでも話題になってます。

↓↓↓

キャンセルリクエストができない?

 

合わせて、ご一読をオススメします。

 

 

Amazonのシステムに関しては、こちらの記事も必読です!

アマゾン返金処理の開始のお知らせ ってメールが来たら

 

 

クリックすれば幸せに♪

 - Amazonに関する情報