Amazonに関する情報

Keepaの値上げ通知メールを読みましたか?対応を説明します!

れでぃおです。

今回の記事を読んで欲しいのは、

・Keepaを有料でバリバリ使っている人
・これからKeepaを有料で使ってみようと検討している人

ですので、

・Keepaを有料で使ってない、使う予定もない

という人は読む必要ありません。

 

では最初に、Keepaを有料でバリバリ使っている人なら、
こんなメールが7月中旬に届いているはずです。

 

画像内の赤枠部分に関しては、あとで説明しますので。

まずは、和訳文を貼っておきます。

ー和訳ここからー

データ通信契約料金の値上げのお知らせ

こんにちは。

昨年5月、弊社は新規のお客様を対象にデータ通信サービスの料金を値上げしました。
これまでご愛顧いただいたお客様には、1年以上にわたって値上げを免除してまいりました。

しかし、インフレと歴史的なユーロ安を調整するため、
残念ながら既存のユーザーにはこの割引を継続することはできません。

2022年8月16日より、お客様のアカウントのデータ利用料は、月額19ユーロに上昇します。

私たちのチームは、プレミアムサービスに新しい機能を導入し、
改善するために常に努力しています。この料金調整は、年間48ユーロの追加料金に相当します
(年払い請求の場合は40ユーロ)。

購読を継続したくないと判断された場合は、
アカウント設定からいつでもキャンセルすることができます。

ご不明な点がございましたら、このメールに直接ご返信ください。
ありがとうございました。

ー和訳ここまでー

 

ということで、
要は月額あたり「4」ユーロ値上がりしますって通知です。

1ユーロ=約140円ですので、約560円ですね。
年間で、6,720円の値上げになります。

そして和訳文中にも明記していますが、
年払いだと、40ユーロ=約5,600円の値上げになるわけですね。

 

では、どう対応すれば良いのか。
各人の状況によってオススメの行動は変わってきます。

 

1.もうAmazon販売ビジネスを継続するつもりはない
  Keepa有料契約しているけど全く使ってない

という方は、もうこの機会に解約しましょう!
もともと無駄な出費だったのが、さらに悪化するだけです。

 


 

2.Keepa有料機能は、Amazonで必須なので使い続けたい

という方で、
これまで月額契約だった人は「年間契約」に切り替えましょう

 

 

手順を画像で説明します。

上記の届いたメール内の、
「accaunto settings」(赤枠部分)をクリックしてログインして下さい。

 

 

そして下記の画像内の赤枠部分(年払いへの変更)をクリックです。

 

 

年払いで使用するクレジットカード情報を入力して、申し込みボタン押す

 

下記の画面になれば全て完了!

 

年間払い割引きあるので、約「19,000円」の支払いです。

1ヶ月あたり、約1,600円ですね。

圧倒的に月額より安くなりますので、年払いにすべきです!

もし月額だと、
228ユーロ=約32,000円なので、13,000円くらい損しますよ。

 


 

3.Keepa有料機能をこれから使いたい! という人

これまで無料だった人や、Amazonビジネスを始めたばかりの人は、

まずは月額で使い始めてみて、有料機能を使いこなせるか確認してから、
年払いに変更してもいいですね。

その場合、新規にKeepa有料機能を使う人を対象に、

「セラースケット」というサービス加入者の場合は、
Keepa有料版を最初の3ヶ月間、50%OFFで使用できます!

(年払いの場合は、20ユーロOFF)

 

セラースケット公式の説明画像です。

 

セラースケットの公式サイトは下記リンクよりどうぞ。
 ↓↓↓
20日間無料で体験する

 

上記のサイトでサービスの内容を確認して、

Amazonビジネスを本格的にやってみたい、と決意すれば、
セラースケットにも加入してみればいいでしょう。

申し込み後の20日間は無料ですので、
使いこなせないと思ったら20日以内に解約すれば良いので。

私も有料ツールは、Keepaとセラースケットの2つだけです。

 

 

以上、Keepa値上げへの対応の説明となります。

不明な点があれば、お気軽に質問・相談して下さい。

問い合わせフォームからでもOKです。

↓↓↓

お問い合わせ

 

Keepaの値上げ通知メールを読みましたか?対応を説明します!

という記事でした。

 

皆さまのお役に立てば幸いです。

初夏2022年前半(1月~3月)の思い出まとめ前のページ

せどりの店舗リサーチを無料で!MonoTracerをアマサーチと連携する手順次のページ

ピックアップ記事

  1. ルノアールの貸会議室はコスパ最高!

関連記事

  1. Amazonに関する情報

    Amazon物販をマンツーマンで教わるコンサルの価値

    ※モノレートは、2020年6月末でサービス終了となっています!現在…

  2. Amazonに関する情報

    Amazonマケプレお急ぎ便の設定解除を最初にしておこう!

    Amazon新規セラーは必読!勝手にマケプレお急ぎ便の設定になって…

  3. Amazonに関する情報

    モノレートが使えない!そんな時代にせどりは可能か?

    ※2022年7月21日Keepaの値上げに伴い、記事更新しました…

  4. Amazonに関する情報

    Amazon購入者から感謝されている評価コメントを大公開

    Amazon購入者から感謝されている評価コメントを大公開&nbsp…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメコンテンツ

オススメの記事

最近の記事

  1. SNS
  2. WEBライティングの教科書
  1. Amazonに関する情報

    【れでぃおの日常】6月と7月の近況報告
  2. せどり初心者へ

    せどり店舗リサーチが遅い アプリとネット回線の話
  3. せどり初心者へ

    【プレゼント音声付】年末の大掃除で本を高く売ろう
  4. せどり初心者へ

    せどりの時給とリスクと不都合な真実
  5. Amazonに関する情報

    Amazon販売で特商法を表示しないとアカウント停止?
PAGE TOP