日本全国せどりツアー!あなたの街で一緒に仕入れを!

出張せどりツアー実績200名達成!サポートコミュティーも運営中

忌野清志郎とジャンプ【RADIOとJUMP】

      2017/05/26

忌野清志郎とジャンプ【RADIOとJUMP】

 

 

5月2日は、hideと清志郎が天国に旅立った日

 

 

佐野元春さんが、年の離れたイカシタ兄貴なら、

忌野清志郎さんは、親戚のイカレタ叔父さん。

 

 

私にとっては、そんな感じです。

 

 

 

 

清志郎さんは、ずっと無敵だと思ってたから、

彼が癌になったり、再発したりしたときは、

少なからず動揺したけど、

 

 

本当に亡くなったときは、かなり現実感がなかった。

 

 

 

ヒロトじゃないけど、確かに冗談かと思った

 

 

 

 

 

 

テレビでは悲しいニュースばかりで、

勝手な事ばかり言って、責任とらない人が増えて、

 

 

そんな世の中でも、

旅に出ると自分の目で、物事がきちんと見える。

 

 

夜が落ちてくる前に、高くジャンプしよう。

 

 

 

 

筑紫哲也さんとの対談

 

 

 

 

RADIOはツアーに旅立つとき、いつもこの歌の歌詞が

 

ずっと、頭の中をリフレインしています。

2回に1回は、聴いたら涙が出てしまいます。

 

 

JUMP   ー忌野清志郎ー

 

夜から朝に変わる いつもの時間に

世界はふと考え込んで 朝日が出遅れた

 

なぜ悲しいニュースばかり 

TVは言い続ける

なぜ悲しい嘘ばかり

俺には聞こえる

 

Oh 荷物をまとめて 旅に出よう

Oh もしかしたら 君にも会えるね

 

JUMP 夜が落ちてくるその前に

JUMP もう一度 高くJUMPするよ

 

 

 

闘病生活から復活したステージで歌う

「ジャンプ」は素晴らしいの一言

 

 

 

 

 

そして最後に作った歌が、

「RADIO」って曲なんだよな。

 

 

清志郎さんらしく、発音は日本語だけど。

 

 

 

 

忌野清志郎最終曲

 

くたばっちまう前に、旅に出よう。

 

 

 

 

清志郎さんを敬愛していた、

このイカシタ兄貴の記事もどうぞ。

斉藤和義さんの本の中で、大好きな文章を紹介します

 

クリックすれば幸せに♪

 - れでぃおが尊敬する人物, 大好きな音楽の紹介, 音声や動画 有りの記事