大好きな本

トルフィンとトールズ親子が大好きだ【ヴィンランド・サガ】を語ろう

突然ですが、みなさま。

「ヴィンランド・サガ」って漫画、ご存じですか?

 

え?知らない?

 

・・・・・

・・・・・

・・・・・

 

もったいない!

人生、損してますよ!!!

 

と、言い切ってもよいくらいに、本当に本当に素晴らしい作品なのです。

 

もう結論から書いちゃいますが、最大のテーマとなるのは、
父(トールズ)が、息子(トルフィン)に言い聞かす、この名シーン。

「誰にも、敵などいないんだ」

 

この言葉って、現代でも「きれいごと」として片付けられそうですが、

この「ヴィンランド・サガ」は、

11世紀初頭の北ヨーロッパ及びその周辺を舞台に繰り広げられる、
当時世界を席巻していた「ヴァイキングたちの生き様」を描いた作品です。

そんな暴力・略奪・殺戮が、日常茶飯事であり当たり前の価値観だった時代において、
「誰にも敵などいない」なんていう言葉は、誰にも理解できなかったことでしょう。

 

しかし、この物語の主人公であるトルフィンの父親トールズは、
何度も何度も、息子に言い聞かせます。

「仕返しなど、してはいけない」
「傷つけてよい者などいない」
「本当の戦士には剣など必要ない」

 

もちろん幼いトルフィンには、その言葉の真意は届きません。

それどころか、彼はその後、
父の言葉とは「正反対」の人生を過ごすことになります。。。

詳しいことはネタバレになるので書きませんが、
暴力・略奪・殺戮 が、当たり前の人生です。

 

しかし壮絶な経験の果てに、トルフィンは心から父の言葉を理解しました!

 

そして当時としては、同じく当たり前の価値観であった「奴隷制度」も、
ヴァイキングの社会そのものであった「戦争」も、

どちらもない国を作ることに、人生を捧げることを決意したのです。

 


 

ここからは、私の個人的考察。

今の社会は新型ウイルスの存在ゆえに、
多くの人が恐れ、不安になり、他者との交流が少なくなっています。

「やられたら、やりかえす、倍返しだ!」というドラマが大ヒットするように、

日常の鬱屈した気分ゆえに、
他者への攻撃や報復ということを、正当化しがちになっているようにすら感じます。

 

SNSにおいて、少しでも弱っている人に対しては、
徹底的に攻撃する風潮も、ほんの少しはマシになってきたかもですが、
相変わらず残っているのは事実でしょう。

それも、そのほとんどが匿名で。

この「匿名」ってのが、私は大嫌いで!

 

今回、ご紹介したヴィンランド・サガの時代では、

戦士は決闘を申し込むときに、きちんと名乗ります。
それも、親の名前も一緒に。

 

賛否両論あるとは存じますが、

私、れでぃおは、
匿名での誹謗中傷は、人として最も許されない罪だと断言します。

 

政治家・芸能人・スポーツ選手など、

過ちを犯した人に対して、相手は公共の場で本名を名乗っているのに、
匿名で好きなことを言う姿勢は、本当にかっこ悪くて、美しさのかけらもない。

ヴィンランド・サガの主要キャラクターである、アシェラッドも言ってます。

少し前までは、そんな匿名で誹謗中傷するような輩には、
徹底的に反撃しても構わない。。。とさえ思っていました。

 

でも、それはトールズが言うように、
私自身に本当の強さがないだけなんですよね。

まだまだ「甘ちゃん」であり「初心者」なんです。

 

 

では一体、どうしたらイイの?

幼かったトルフィンも、何度も思ったことでしょう。

 

しかし彼は成長して、こんなセリフを言えるようになったのです!

 

く~ カッコイイ!

その一言です。

 

もうね、彼のセリフの通りで、

 

自分が傷つかないような強さを持ち、

相手も傷つけないように防御しつつ、

しかも最後は勝つ!

 

この「勝つ」っていう言葉は、戦いが日常の時代ゆえの表現なので、
現代なら、円満に合意するとか、最低でも法的に勝つ、とかでしょうか。

 

ただひたすらに、人間性を高め、知識と教養を高める

それが正解なのだと思います。

 

今年で52才になりますが、まだまだ私は人生の初心者です。

 

トルフィンに負けないように成長し、

いつの日か、トールズのような「本物の戦士」になりたい。

 

そんな中二病のような言葉で終わります。

 

以上、

トルフィンとトールズ親子が大好きだ【ヴィランド・サガ】を語ろう

という記事でした!

 

 

今回の「匿名」という話に関連する記事です。是非ご一読を。

斉藤和義さんの本の中で、大好きな文章を紹介します


~おまけ~

 

原作者:幸村誠さんの「クセの強いw」コメント動画

 

 

 

真面目なインタビュー動画はコチラ。

 

ルノアールの貸会議室はコスパ最高!5月末迄は午前中の室料が無料!前のページ

ラーンビズは素晴らしいサービスなので全力で紹介します次のページ

関連記事

  1. 大好きな本

    伊坂幸太郎さんの小説をれでぃおが愛する3つの理由

    私が伊坂幸太郎さんの「ラッシュライフ」を初めて読んだの…

  2. 大好きな本

    凄い文章を読んだ!沢木耕太郎さんは素晴らしい

    沢木耕太郎さんの本を初めて読んだのは、20歳頃だったと思います。…

  3. 大好きな本

    ビジネスで後悔しない為に文豪ストレイドッグスの名言を紹介

    「文豪ストレイドッグス」とは?太宰治、芥川龍之介、…

  4. 大好きな本

    速読って本当にできるの?実際のところを説明します

    れでぃおは月に100冊くらい、本を読みます。全くの…

  5. 大好きな本

    「憂鬱でなければ、仕事じゃない」を誕生日に贈ろう

    れでぃおはツアーメンバーの皆様に、バースデープレゼントとして、「れ…

  6. 大好きな本

    イチローさんと有働アナウンサーの本からもらった言葉のプレゼント

    お二人から全く同じことを言われました!もちろん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメコンテンツ

オススメの記事

最近の記事

  1. 出張コンサル

    札幌せどりツアーそして新千歳空港せどり情報も
  2. 出張コンサル

    【日本全国出張】せどりツアー&コンサルティング
  3. Amazonに関する情報

    Amazon購入者様からのメッセージへの対応方法
  4. 美味しい料理

    モスバーガー直火焼チキン祭の新商品を食べた感想【㊙音声付】
  5. れでぃおの考え

    祝【RADIO-SHIP】4周年なので特集記事を書きました!
PAGE TOP