日本全国せどりツアー!あなたの街で一緒に仕入れを!

出張せどりツアー実績200名達成!サポートコミュティーも運営中

Amazonの手数料をスマホで計算する方法を画像で徹底解説!

   

Amazonの手数料をスマホで計算する方法を画像で徹底解説!

 

ツアーをお申込み頂いた「Jさん」より、
下記のような質問を頂きました。

 

Jさんは、ツアー前にたくさんの質問を、
積極的にしてくれるので、私も非常に助かります。

こうした質問と回答のやり取りが多いほど、
成長も早くなり、稼ぎのスピードも加速するのです!

 

 

では、Jさんからの質問ここからです。

赤字は、私からの回答文になります。

お世話になります。

ご連絡おそくなりすいません。
〇〇〇について説明頂きありがとうございました。

いろいろ使ってみていますが、以下何点か教えてください。

1.モノレートですが、3月くらいである程度(10個くらい?)
  ギザギザがあればいいということでしょうか?

  出品者数、個数との兼ね合いもあると思いますが、
  どのくらいの比率だと一般的にいいのでしょうか?

 

もうこれは、商品によって全く異なってきますので、
「一般的に」という目安は、考えないようにしましょう。

必ず、都度モノレートを私に送って下さい。
そうしないと、正しい仕入れができるまで成長できません。

一度、具体的な説明を致します。

Skypeで画面共有しながら説明しますので、
ご希望の日と時間を、第3希望くらいまで教えて下さい。

 

2.FBAシミュレーターを使う場合は、
  〇〇〇からタブをクリックして使うのがいいのでしょうか?

  スマホだと右半分ほどが切れて表示されるのですが、
  おかしいですよね?確認してみます。

スマホからだと時間がかかるので、おすすめしません。
基本的には、手数料の計算式を頭に叩き込めば、
暗算で瞬時に判断できるようになります。

ただ、高額だったり大量に買う場合は、
きちんと計算したほうが良いので、

スマホのAmazonセラーアプリを使いましょう。

ブログ記事を、新しく書いて
ご説明しますので、おまちください。

 

3.ものによっては、バーコードの上に、
  異なる数字が並んでいるシールがはっている場合がありますが、
  そういう場合はどうするのがよいのでしょうか?
  キーワードでもヒットしなかったら、他にいく感じでしょうか?

 

これもツアー中に実際に、目の前で説明いたします。

今、ここで言葉にするのは簡単ですが、
実際には、できないと思いますので。

一応、説明しますと、

・手できれいに剥がしてリサーチする
・ストアバーコード用アプリで検索する
・Amazonセラーの画像認識機能を使う
・コードを手打ちで検索する
・商品名を手打ちで検索する

上記のどれかになります。

 

ということで、Jさんからの2番目の質問である、

店舗でリサーチ中に、
スマホでAmazonの手数料を計算する方法に関して、

以下に画像で説明いたします。

 

どんなにスマホの操作が不慣れな方でも、
必ず理解できるような記事を目指しました。

人によっては、細かすぎると感じるかもですが、
お許しくださいませ。

 

 

手順1 スマホにAmazon Sellerアプリをダウンロードしよう

 

まずは、App Storeというアプリを
スマホの画面で見つけましょう。

こんなアイコンですよ!
↓↓↓

 

で、そのアプリを開けて、「検索」を押すと、
下記のような画面になるので、

下記の矢印のように「amazon s」まで入力すれば、

amazon seller」とみなまで打たずとも、
表示してくれます。賢いね、スマホ!!

 

下は私のスマホで実際に検索してみた画像

 

 

手順2 トップ画面の右上のカメラボタンを見つけよう

 

矢印で指している、赤い★印の部分です!

 

 

手順3 スマホのカメラ画面で商品バーコードを読み取ろう

 

夏らしく、例はこの商品にしましょう。

スマホのカメラで、普通にバーコードに向けて下さい。

 

 

手順4 表示された商品データを確認しましょう

 

商品によっては、カタログが複数ありますので、
自分が出品したい状態を正確に確認してください。

下記の場合ですと、売上ランキングが最も高い、
5枚入り1箱のカタログのほうですね。

 

 

そして、上記画像内の矢印で指している、
赤い★印の部分をタッチすれば次の画面になります。

 

 

次の画面でも、同じように赤い★印をタッチです。

 

 

 

手順5 自己発送の場合の手数料

 

Amazonでは、自分が手元に在庫を持ったまま、
出品する「出品者から出荷」の方法と、

FBAの倉庫に送ってAmazonから出荷する、
「Amazonから出荷」の方法があります。

 

それぞれで、発生する手数料が異なりますし、
運賃計算も違ってきますので、手数料計算の
画面も別々になっているのです。

 

まず、下記画像は「出品者から出荷」の場合

 

 

上記の「購入者へ出荷」の部分には、
その商品を発送可能な方法の運賃を入力です。

代表的な発送方法を記載しておきます。

・クリックポスト:164円
 ※注:2018年9月1日(土)より185円になります

・レターパックライト:360円

・レターパックプラス:510円

 

購入者とのトラブル防止の為と、
Amazonのパフォーマンス悪化防止の為、

必ず!追跡機能がある発送方法で出荷しましょう!

 

クリックポストとレターパックライトの
使い分けは、早く届けたい場合だけ、
レターパックライトを使用すれば良いでしょう。

 

送料を入力して、最後に仕入れ値を入力すれば、
自己発送の場合の、手数料と運賃が反映されて、
利益計算が完了します。

 

 

手順6 FBA発送の場合の手数料

 

続いては「Amazonから出荷」の場合です。

この場合は、もしも1商品だけをFBA倉庫に
発送するなんてケースならば
その運賃が全額かかってしまいますが、

実際には大量の商品をダンボールに入れて
発送しますので、

下記の「Amazonへ納品」の運賃欄は、
リサーチ判断時には、入力なしでオッケーです。

 

 

よって「仕入原価」の金額だけを入力すれば、

FBAの場合の、手数料と運賃が反映されて、
利益計算が完了します。

 

 

以上、今回は、

Amazonの手数料をスマホで計算する方法を画像で徹底解説!

という記事をお届けいたしました。

皆様のお役に立てば幸いです。

 

 

自己発送は、私の「あるノウハウ」を使えば、
あっという間に購入者様からの評価を多く、
頂くことが可能です。

そのことを惜しげもなく書いた記事もどうぞ。

↓↓↓

Amazonで評価5と良いコメントを高確率で頂く方法 

 

 

 

クリックすれば幸せに♪

 - Amazonに関する情報, せどり超・初心者向け説明